It's a 相撲 world!

相撲の魅力を伝えるブログ

【力士紹介】新入幕の炎鵬関! どんな力士?白鵬と関係ある?

 ごっつぁんです。Origamiです。

2019年5月場所より新入幕を果たした

この、“炎鵬 晃”という力士を

ご存知でしょうか?

f:id:pekatora:20190522230525p:plain

公式HPより http://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/profile/3803/


写真を見ると爽やかな印象を受ける炎鵬関ですが、実はかなりすごい力士なんです...!

 


・あの白鵬四股名命名


・史上最速で関取になった


・幕内最軽量力士


・小兵なのに真っ向勝負!

 


今回はこの部分を詳しく解説していきます!

 

 

 




横綱白鵬命名!大相撲入りの経緯は?

炎鵬関は石川県金沢市の出身です。


父親の影響で5歳から相撲を始めた中村友哉くん(炎鵬関の本名)は中学生全国相撲大会で団体優勝しました。

その後は高校大学で軽量級のタイトルを10個も獲得したそうです!

当たり前ですが、学生の頃から強かったんですね...

 


ただ、大相撲の力士は中学卒業もしくは高校卒業のタイミングで大相撲入りすることが多いのですが、炎鵬関は大学まで卒業しています。


彼が学生時代タイトルを取ったのは軽量級。


大相撲は無差別級の競技ですので、そこが炎鵬関が大相撲入りを早くしなかった理由かもしれませんね。

 


大学時代に就職活動中、角界入りを進められ、宮城野部屋へ入門。

 


同じ宮城野部屋横綱白鵬四股名“炎鵬”を命名してもらったそうです。


大相撲で上へ行くためには「気持ちで負けないで、常に燃えていくこと」が必要だというところから炎という字がきているそうです。

 

 



史上最速で関取へ!

 

炎鵬関は角界入りしてからたったの6場所十両に昇進し、関取になりました。

十両?関取?よくわからんぞという方はこちらをどうぞ

大相撲の番付ってなに? 階級と待遇をざっくり解説!

 


これは付出し入門者を除けば史上最速タイのスピード出世です。
1年に本場所は6回開催されますので、たったの1年で関取となりました。

その後は十両で番付の上がり下がりを経験し、ついに2019年3月場所!
十両2枚目の成績で勝ち越し。

 


2019年5月場所で新入幕を果たしました!(やったぜ!)


このことは角界では大きな注目を浴びました。

その理由は彼が幕内最軽量の力士だからです!

 

 



炎鵬関は現幕内力士最軽量!


幕内力士、大相撲でトップクラスのリーグに属する力士の中で炎鵬関は最も軽い力士です!

彼の公表されている体重は99.0 kg
大相撲力士は140 kgを優に超える力士が大勢いるので、炎鵬関と大きな体格差があるのが分かりますね。

本人は1日に6食の食事を摂るなど、体を重くする努力をしているそうで、一時期は100 kgを超えたこともあるそうですが...
それでも他の幕内力士とは大きな体格差があります。

 


自分より50 kgも60 kgも重い人が本気でぶつかってくるんですからね。

僕なら恐怖でたまりません

でも炎鵬関は逃げません。彼は小兵でありがら真っ向から攻めていくのです。

そこに炎鵬関の強さと人気の秘密があると、勝手に思っております!!

 

 



炎鵬関の取り組みスタイルは?

小兵と呼ばれる力士は立会い変化(真正面から当たらず横や後ろに動く)をして相手を惑わす取り組みをするイメージがありますね。

舞の海の八艘飛びなどがそうです。

しかし、炎鵬関は立会い変化せず、相手と正面からぶつかります。

大きな力士にも怯まず果敢に挑む姿が人気の一つでもあります

 


炎鵬関の取り組みスタイルはとにかく動くこと。がっぷりと組まずに動き続け、横について崩す。

 

 


宮城野部屋の親方にも「絶対に止まるな」と指導されているようです。

最後にそんな彼の記念すべき幕内初土俵初勝利を見てみましょう。

 

f:id:pekatora:20190522223315j:image

【取組ムービー】徳勝龍 対 炎鵬 #令和元年五月場所初日 #大相撲アプリ

相手は徳勝龍関。体重はなんと185kg!

炎鵬関と約90kgも差があります。


余談ですが、炎鵬関が突っかけたあとの徳勝龍関の「いいよ、いいよ」という手が好きです。新入幕の炎鵬関を気遣う素晴らしい対応ですね。

【取組ムービー】徳勝龍 対 炎鵬 #令和元年五月場所初日 #大相撲アプリ

 

炎鵬関は組んでもとにかく暴れる。徳勝龍関の体は徐々に土俵際へ。
そして横についたところで一気に寄り切る!

【取組ムービー】徳勝龍 対 炎鵬 #令和元年五月場所初日 #大相撲アプリ

 


とても炎鵬関らしい勝ち方でした。

 

 


まとめ

 

 


炎鵬関は


・スピード出世で入幕を果たした
・幕内最軽量の小兵にも関わらず
・大型力士に真っ向勝負を挑む
・イケメン力士


ということです。

 

 


これからが楽しみ!
2019年5月22日現在では十一日目を終えて7勝4敗。
あと勝ち星一つで勝ち越しです!

がんばれ!炎鵬関!

それではっ!